人気ブログランキング | 話題のタグを見る

人生は選択の連続

人生は選択の連続_e0046428_02222253.jpeg
人生は「選択」の連続 



 3月末にベトナムから京都に戻ってきました。なんだか凄くアットホームな気分になりました。

 でも、最近の4年前から私にとっては、毎年この時期はいつも花粉症で大変です。今年もその例外ではありませんでした。もう花粉症から回復したと思ったら、今度また風邪をひいてしまいました。。。かなりしつこいな風邪。。。
 今年の4月から研究室はB4の新しいメンバーを7人迎えました。最初は4回生の指導で忙しいのは忙しかったのですが、生き生きしている彼らの元気さで研究室の雰囲気もすっかり変わり賑やかになり、皆で仲良く楽しく実験できるのが良かったです。

 今月の最も気に入った言葉について執筆したいです。この言葉について考えさせてくれたのは、研究室の飲み会で昨年博士号を取得した先輩の方との話がきっかけだったのです。東日本大震災後、日本に戻ろうと思わず国に帰ってしまった外国人が少なくなかったことが現状だそうです。東北地方が早く復興するとか、東京の放射線量が人間に影響を及ぼさない程度の安全なレベルであるとかという情報が分かっていても、やはり不安を抱きながら前と比べてより不便な生活を送るのは嫌がれるそうです。京都も関西もそうですが、今のところではほとんど影響もなく何もないとはいえ、安全と言えずいつ同じようなことが起こるか誰も分からないと。だから日本に戻ってきてくれてありがとうと、感謝の気持ちを表してくれました。確かに、その時、被災地方に住んでいるわけでもありませんが、日本に戻らないと決心した、またはまだ惑って日本に戻っていない外国人の人がいました。戻るか戻らないか、どうするかはすべて人の選択によるものです。人間は、「食べる」、「飲む」、「寝る」、「喋る」など、しなくてはいけない行動以外、直接に人生に大に影響を与えるのは「選択する」という行動です。問題に直面して選択することにより、人が自分の人生を描いていくと思います。留学に行くかどうか、この会社に入るかどうか、この人と結婚するかどうか、この仕事を続けるかどうか等々、人生はどの段階においても選択しなければならないことが出てきます。成功するか失敗するか、幸せになるか不幸になるか、それらも選択に導かれた結果だと思います。しかし、問題は人によって、そして時によって、環境によって、成功や幸せの基準が異なります。だから、「選択」でも、この人にとってこの場面でこの時に良い選択であったとしても、いつもそう決まっているわけではありません。私にとっては、ある選択が正しいかどうかを判断することよりも、そのように選択して自分が満足したかということの方が大切だと思います。これまでの選択が良かったと思ったら、それはそれで良いではないかと考えています。
 私は今も日本に来て良かったと信じています。この良かったという選択が実を結ぶため、これからも初心を忘れず努力することが重要だと専念しています。

NIPPON、ガンバレ!!! 私、ガンバレ!!!



by ngocchau | 2011-05-02 16:01